{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702225440687098   整理番号:17A1776617

較正値に及ぼす高ガス圧力計の姿勢の影響【Powered by NICT】

Effects of setting attitude of high gas pressure gauge on calibrated values
著者 (3件):
資料名:
巻: 2017  号: SICE  ページ: 1607-1609  発行年: 2017年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高ガス圧測定のために,石英Bourdon型圧力計は最高精度圧力計の一つである。圧力計の姿勢設定は測定用途に応じて異なっていた。本論文では,較正された値に設定姿勢の影響を評価した。設定姿勢によるキャリブレーション値の最大差は約10kPaで,100MPaで相対的に0.01%であった。姿勢設定の効果の理由は,センシング要素内の圧力媒体の重量により生じた重力に関連していた。圧力計もまた,異なる態度での窒素とヘリウムを用いて較正した。評価から,較正値に及ぼす影響を設定姿勢及び圧力媒体の関数として評価した。較正した圧力ゲージは同じ固定設定姿勢で使用されることが推奨される。Copyright 2017 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (5件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
応用心理学  ,  食品製造・加工・保蔵法一般  ,  プレス加工  ,  相転移・臨界現象一般  ,  飛しょう体ぎ装 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る