{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702225754240743   整理番号:17A0502537

Gd2O3:RE3+およびGdAlO3:RE3+(RE=Eu,Dy)蛍光体:合成,特徴付けおよびバイオイメージング応用

Gd2O3:RE3+ and GdAlO3:RE3+ (RE Eu, Dy) Phosphor: Synthesis, Characterization and Bioimaging Application
著者 (5件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 1178-1184  発行年: 2017年02月
JST資料番号: W1351A  ISSN: 1533-4880  CODEN: JNNOAR  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近の科学の進歩により,細胞免疫標識,薬物送達担体,磁気共鳴画像法,診断分析,光学プローブおよび蛍光性バイオラーニングにおける潜在的な用途のために,発光ナノ材料の分野において急速な成長が見られる。生物医学用途に最も一般的に使用される発光材料には,有機色素,量子ドット,金属ナノ粒子,および希土類ナノ材料が含まれる。本研究では,主に,Gd203の合成と特性評価に重点を置いた:生体標識RE3+およびGdA103:RE3+(RE=Eu,Dy)蛍光体。Gd203:RE3+およびGdA103:RE3+(RE=Eu,Dy)蛍光体が,クエン酸ベースのゾル-ゲル法によってうまく合成された。XRD研究から,Gd203およびGdA103の,それぞれ,立方晶および斜方晶相の形成が確認された。Eu3+またはDy3+イオンは,蛍光体の結晶構造に影響を与えなかった。FTIR分析は,化学反応の間に形成された有機残留物の除去を確認した。UVから可視領域までの広範囲の励起ピークは,蛍光体が様々な用途のために異なる波長で励起され得ることを示した。Eu3+イオン(赤色)およびDy3+(青色および黄色)からの強い可視発光は,蛍光体が標識用途に効果的に使用できることを意味する。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
一般及び無機化合物の蛍光・りん光(分子)  ,  物理分析一般  ,  生物物理的研究法 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る