{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702225944080557   整理番号:17A0443547

過酸化水素による黒鉛状窒化炭素による有機染料の熱誘起触媒分解【Powered by NICT】

Thermo-driven catalytic degradation of organic dyes by graphitic carbon nitride with hydrogen peroxide
著者 (9件):
資料名:
巻: 308  ページ: 114-122  発行年: 2017年
JST資料番号: B0730A  ISSN: 0032-5910  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ここでは,新しい熱駆動触媒として黒鉛状窒化炭素(g C_3N_4)はH_2O_2の助けを借りて有機染料の接触分解のために使用した。個々の触媒またはH_2O_2を用いた実験と比較して,性能の顕著な増強はC_3N_4とH_2O_2の相乗効果によって達成された。H_2O_2用量および反応温度のような実験パラメータを最適化し,触媒は種々の濃度と種々の染料のための優れた応用普遍性を示した。物理化学的キャラクタリゼーションにより,窒化炭素フレームワークに酸素含有基による修飾またはドーピングを実証した。ドーピングレベルは,熱励起された電子をトラップされた電子と正孔の分離を促進することが可能な機構を提案した。一方H_2O_2は励起電子減少しヒドロキシルラジカルを生成した。消光実験ホールとヒドロキシルラジカルを示唆したが主要な活性種であり,g C_3N_4とH_2O_2の相乗効果を検証した。さらに,優れた安定性と再利用性も連続五サイクルにより証明された,活性はサイクル数の増加に伴い徐々に改善されもした。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
固体の製造・処理一般  ,  光化学反応 

前のページに戻る