{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702226654721564   整理番号:17A0408552

鋼の引張特性に及ぼすシミュレートした孔食の影響【Powered by NICT】

Effect of simulated pitting corrosion on the tensile properties of steel
著者 (4件):
資料名:
巻: 131  ページ: 90-100  発行年: 2017年
JST資料番号: T0560A  ISSN: 0950-0618  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
主材料として鋼を鉄骨造橋,植物および海洋プラットフォームを含む建築物は孔食に分類する傾向がある。機械的性質は,孔食に大きく影響し,建物の安全性については,ほとんど保証される。機械的ドリリング及びフライス加工法は円錐めくら穴を形成し,次に本研究で腐食ピットをシミュレーションするために使用される,その後形状,鋼の引張特性に及ぼす腐食ピットの深さと分布の影響を系統的に調べた。結果は,腐食ピットを持つ鋼の破壊位置は,大きな孔食因子との交差部で生じたことを示した。鋼の荷重-変位曲線は,腐食ピットの存在,降伏プラットフォームが短くなり,も消失し,延性不良と脆性破壊を伴うにより変化した。ピット形状,深さおよび分布は引張試験片の極限荷重にほとんど影響され,極限強さは最大断面積とのみ相関した。しかし,鋼の降伏荷重はピット形状と分布の両方によって影響を受けた。伸びは主にピット密度と深さの影響を受けた,単位面積当たりの緻密でより深いピットは,より少ない伸びを生じさせるであろう。最後に,多変量回帰分析は,伸びの予測モデルを得るために行った。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
コンクリート構造  ,  金属材料  ,  腐食 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る