{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702227577995370   整理番号:17A1827423

過敏性腸症候群患者における脳機能と不安に対する注意バイアス修飾の影響:予備的脳波と心理行動研究【Powered by NICT】

Effect of attention bias modification on brain function and anxiety in patients with irritable bowel syndrome: A preliminary electroencephalogram and psycho-behavioral study
著者 (9件):
資料名:
巻: 29  号: 12  ページ: ROMBUNNO.13131  発行年: 2017年
JST資料番号: W2694A  ISSN: 1350-1925  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
背景:過敏性腸症候群(IBS)の胃腸症状は不安との逆比例関係を示した。この介入ベース研究では,IBS患者において注意バイアス修正(ABM)療法の有用性を検討した。IBS関連脳波異常はABM治療後に正常化すると仮定した。IBSと13人の健康な被験者と【方法】十七患者が2か月にわたり五ABM介入セッションを完了した。各セッションは128ABM試験を含み,介入期間の640試験の結果となった。各試験では,被験者は顔表情画像を展望してボタンボックスに二ボタンの内一つを押すことによって可能な限り迅速かつ正確に中性面の位置を示すように指示された。脳波データ(アルファおよびベータ電力割合)は,1セッションと五セッション中に収集した。重要結果:一般化された相対アルファ波出力の有意な効果を明らかにした方程式推定はO2(P=.036)で同定した。対t検定はABMは,IBS患者におけるO2で相対アルファ波出力を有意に増加させることを明らかにした。相対ベータ波出力の一般化推定方程式は,グループ×時間の相互作用の有意な影響はPz(P=.035)で同定されたことを明らかにした。対t検定はABMは,IBS患者では,Pzにおける相対ベータ波出力を有意に減少させたことを明らかにした。【結論】と推論:注意バイアス修飾はIBS患者における注意と不安に関連した脳機能を正常化する可能性がある。Copyright 2017 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
消化器の疾患  ,  消化器疾患の薬物療法 

前のページに戻る