{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702229145891430   整理番号:17A0388947

繊維強化食品の消費者認識の重要性スポンジケーキを用いた事例研究【Powered by NICT】

Importance of consumer perceptions in fiber-enriched food products. A case study with sponge cakes
著者 (5件):
資料名:
巻:号:ページ: 574-583  発行年: 2017年
JST資料番号: W2339A  ISSN: 2042-6496  CODEN: FFOUAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
異なる源(マルトデキストリン,コムギ,リンゴ,クロスグリとジャガイモの混合物とPlantago ovata)からの食物繊維で強化されたスポンジケーキを研究した。異なるケーキのプロファイリングを行い,その第1は複数回答可(CATA)質問を用いて嗜好尺度を用いて消費者の好みを評価した。消費者もNKレベルに応じてそれらを分類するために使用された栄養知識(NK)アンケートを完了した。ケーキの機器的テクスチャーはテクスチャープロファイル分析(TPA)法により評価した。消費者の応答はそれらのNKレベルに関連しなかったが,それは主に,ケーキの特徴的な官能特性に与える重要性に依存した。一般に,好みは咀嚼が容易で,海綿状,ソフト及び甘味および無味乾燥と認識され試料の減少した考慮または果実または奇数フレーバを持つ試料で増加した。従来ケーキに似た,マルトデキストリンまたはコムギ繊維を含むスポンジケーキは一般的に好まれた。他三繊維を含有するものは消費者の一部から放出された,ジャガイモとPlantago ovata繊維の場合は無味で,リンゴ繊維の場合の乾燥と溶融の及びクロスグリ繊維の場合,奇数のフレーバをした。Copyright 2017 Royal Society of Chemistry All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の品質  ,  食品の化学・栄養価 

前のページに戻る