{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702229707448944   整理番号:17A0442785

ランタニド磁気ハイブリッドナノ構造とその実証潜在指紋の検出のための効率的な二重モードルミネセンスを達成するための戦略【Powered by NICT】

A strategy to achieve efficient dual-mode luminescence in lanthanide-based magnetic hybrid nanostructure and its demonstration for the detection of latent fingerprints
著者 (6件):
資料名:
巻: 491  ページ: 199-206  発行年: 2017年
JST資料番号: C0279A  ISSN: 0021-9797  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フッ化物ナノ蛍光体(NaGd_0 0.78Er_0 0.02Yb_0 2F_4)とβ-ジケトン錯体(Eu(DBM)3phen)からなる新規無機-有機ハイブリッドナノ構造(IOHN)を合成した。X線回折データのLe Bailフィッティングはnanophoshorは六方晶構造(P6_3/m空間群)で結晶化することを示唆した。TEM研究は,ナノ蛍光体とIOHNは6~8nmの平均粒径を有することを明らかにした。Eu(DBM)3phenとNaGd_0 0.78Er_0 0.02Yb_0 2F_4は特徴的なダウンシフト(DS),アップコンバージョン(UC)発光を示し,UV及びNIR励起下であった。IOHNは両相の優れたデュアルモード光学的特徴(DSとUC)から構成されている。Er~3+(無機相中にドープされた)からのEu~3+(有機相中の配位された)へのエネルギー移動は,両相間の実行可能なカップリングのための明確に実証した。IOHN材料は潜在的な指紋の可視化のための特有であることが分かった。超微粒子サイズのため表面対体積比が比較的高い指紋を持つ粒子の付着を改善する。一方,強い常磁性特性は磁気ワンド過剰材料を容易に除去するのに役立つ。これらの特性は,非常に弱い指紋をプローブする機会を提供する。これにもかかわらず,二重モード発光は多色表面上の潜在的な指紋の可視化にも有用である。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
コロイド化学一般  ,  無機化合物のルミネセンス 

前のページに戻る