{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702231373731481   整理番号:17A0364181

E.coliにおけるヒトキサンチンオキシダーゼ組換え調製薬物代謝産物合成のための全細胞触媒【Powered by NICT】

Human xanthine oxidase recombinant in E. coli: A whole cell catalyst for preparative drug metabolite synthesis
著者 (8件):
資料名:
巻: 235  ページ: 3-10  発行年: 2016年
JST資料番号: A0456C  ISSN: 0168-1656  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
プリン代謝経路の最終段階に関与し,酸化的薬物代謝に関与するヒトキサンチンオキシドレダクターゼ(X OR)をEscherichia coli BL21(DE3)金で発現させることに成功した。組換ヒト(rh)X ORは,天然遺伝子配列よりもE.coliにおける発現のために最適化遺伝子配列と高い生産性が得られた。ラクトースまたはIPTGによるX OR発現の誘導は,活性の完全な消失をもたらした栄養素固定相における機能的X OR発現をもたらしたにどちらかと言うと低かっ培地を用いた振とうフラスコ培養であった。LB培地は,流加バッチモードで25L発酵に用い,振盪フラスコ中の培養に比べて,酵素生産性の5倍の増加をもたらした。キナゾリンは,最適化された全細胞生物変換プロトコルを利用し,半分取スケールで基質として用い,出発原料の104mgから単離された生成物,4-キナゾリンオンの73mgを得た。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
遺伝子操作  ,  遺伝子発現 

前のページに戻る