{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702232864241731   整理番号:17A0568096

ウィンドファーム伴流:2016年HornsのRev写真の場合

Wind Farm Wake: The 2016 Horns Rev Photo Case
著者 (6件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: WEB ONLY  発行年: 2017年03月
JST資料番号: U7016A  ISSN: 1996-1073  CODEN: ENERGA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
洋上風力発電の伴流が,2:45UTCにおいて2016年1月25日,Horns Rev2の霧の状態で観測され,撮影された。これらの新しい画像は,2008年2月12日のHorns Rev1の写真と比較して,風速,乱流強度,大気安定度,気象条件,およびウィンドファームの伴流進展に関して,非常に対照的な条件を示している。本論文は,衛星画像,ラジオゾンデ,ライダー,および風力タービンデータから大気状態を調査し,大気メソスケールモデリングおよびラージエディシミュレーションからの結果と比較している。主要調査結果は,多湿な暖気団が冷たい海の南西部から移流され,露点温度が浅い層に形成された冷気ー水移流霧であった。流れは安定して層化され,自由流風速はハブ高さで13m/sであり,ほとんどのタービンが定格出力あたりで発電することを意味する。風向は南西であり,長くて狭い後流は風力タービンの風下側のいくつかのロータ直径を持続させた。最終的に,上空からの暖かい空気の混合は,ウィンドファームの遠方伴流領域で霧を分散させた。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
風力発電 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る