{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702233068124374   整理番号:17A1009092

多視点裸眼3DCG画像の品質評価におけるH.265/HEVC符号化と可視型電子透かしの適用順序に関する考察

Consideration for Application Procedure between H.265/HEVC and Visible Digital Watermarking on the Multi-view 3D CG Image Quality Evaluation
著者 (1件):
資料名:
巻: 117  号: 144(IMQ2017 5-12)  ページ: 15-20  発行年: 2017年07月14日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
今までに,可視型電子透かしを考慮した多視点3DCG画像の品質評価について研究を行い,特に,画像符号化と透かしを考慮したマルチメディア品質の評価について検証してきた。実際に,透かし処理を行う際に,透かしの画像品質がいつも良いとは限らず,状況に応じて,透かしの符号化画質を変化させる必要がある。本研究では,8視点パララックスバリア方式における3DCG画像において,事前にH.265/HEVC符号化を行った透かし用画像を周波数領域変換により,埋め込むことにより,画像を生成した。その生成画像に対して,主観評価実験を行った。そして,評価結果を分析し,サポートベクターマシンを用いることで,評価値を分類した。また,透かしの符号化画質を考慮していない場合との相互比較をすることで,透かしの適用順序に関する考察を行った。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
引用文献 (23件):

前のページに戻る