{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702234586697202   整理番号:17A0404884

農産物中のデオキシニバレノールの迅速Raman検出【Powered by NICT】

A rapid Raman detection of deoxynivalenol in agricultural products
著者 (8件):
資料名:
巻: 221  ページ: 797-802  発行年: 2017年
JST資料番号: H0766A  ISSN: 0308-8146  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
マイコトキシン結果金融損傷とかなり安全性リスク。本論文では,穀類中のデオキシニバレノール(DON)マイコトキシンの迅速検出のための携帯型Ramanシステムに基づく表面増強Raman散乱(SERS)の可能性を調べた。最適条件下で,純粋なDON解のためのSERS分析は100nmまでの検出限界(LOD)10~ 7Mから10~ 2Mの広い動的濃度範囲を持っている。B3LYP/6 311++G(d, p)のレベルで密度汎関数理論(DFT)解析も振動帰属のための行った。実用化に向け,DON含有トウモロコシとインゲンマメの両方のために提案されたRaman法のLODは10~ 6Mとして検証し,DON含有エンバクのLODは展望として10~ 4Mであった。,SERS技術は,高感度と選択性のために種々の穀類でDON残基の現場検出のための選択的有望なアッセイに開発される可能性がある。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の分析  ,  食品の汚染 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る