{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702235866125119   整理番号:17A0317070

結合熱重量分析ガスクロマトグラフィー-質量分析法を用いた熱重量分析及び発生気体分析による加熱時の金属粉末の酸化挙動の決定【Powered by NICT】

Determining the oxidation behavior of metal powders during heating through thermogravimetric and evolved gas analysis using a coupled thermogravimetry-gas chromatography-mass spectrometry technique
著者 (4件):
資料名:
巻: 638  ページ: 124-137  発行年: 2016年
JST資料番号: E0350C  ISSN: 0040-6031  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
加熱中のアルミナ担体粉末内の微細Ni超合金(NiSA)粉末,インコネル625の酸化挙動を組合せた熱重量分析(TG)および発生気体分析(EGA)を用いて決定した。ガスクロマトグラフィー-質量分析計(GC-MS)では,EGAのために使用した。GCMSで空気をHeパージによる炉から除去された速度を測定半定量することができ,予備避難は使用しなかった。も炉中の酸素含有量を減少させるのに三サイクル避難とHeパージの有効性を測定し,NiSA粉末を曝露したH_2OとCO_2に重要なアルミナ排ガスプロセスを同定することができた。TG信号の並列使用した異なる炉前提条件とアルミナ粉末排ガスプロセスにより生成した酸化性ガスのNiSA酸化と相対濃度の間の関係を定量的に決定することができた。開発したTG GCMS法は工業的なプロセス条件下での金属粉末中の酸素ピックアップを定量的に研究に広く適用可能であると結論した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の無触媒反応 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る