{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702240561175421   整理番号:17A0538120

RORΑの過剰発現はヒト胃癌MGC803細胞のWNT/Β-CATENINシグナル伝達経路の標的遺伝子発現を抑制する。【JST・京大機械翻訳】

Overexpression of RORα Influence Target Genes of Wnt/β-catenin Signaling Pathway in Human Gastric MGC803 Cells
著者 (8件):
資料名:
巻: 38  号: 11  ページ: 1358-1365  発行年: 2016年
JST資料番号: C3091A  ISSN: 1674-7666  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 中国 (CHN)  言語: 中国語 (ZH)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本文はRORΑ(RETINOID ACID RECEPTOR RELATED ORPHAN RECEPTOR Α)の高発現がヒト胃癌MGC803細胞のWNT/Β-CATENINシグナル伝達経路標的遺伝子に対する作用を検討した。MGC803細胞の増殖をMTTアッセイによって検出した。RT-PCR、WESTERN BLOTと免疫共沈降法を用い、WNT/Β-CATENINシグナル伝達経路関連分子と標的遺伝子発現を測定した。ルシフェラーゼレポーター遺伝子法を用いてC-MYC遺伝子プロモーター活性を検出した。MTT分析の結果,RORΑの過剰発現はヒト胃癌MGC803細胞の増殖能を有意に減少させた(P<0.05)。RT-PCRとWESTERN BLOTの結果により、RORΑ高発現群のWNTL MRNAとタンパク質レベルは対照群より低く(P<0.05)、Β-CATENIN MRNAとタンパク質レベルは差がなかった(免疫共沈降の結果により、RORΑの高発現群のRORΑとΒ-CATENINの結合は明らかに増加した(P<0.05)。RORΑの高発現は核内Β-CATENINのレベルを有意に低下させ(P<0.05)、同時にTCF-4(T CELL FACTOR-4)のタンパク質レベルを低下させた(P<0.05)RORΑの高発現は,AXIN,C-MYC,C-JUN MRNAおよび蛋白質レベルを有意に下方制御した(P<0.05)。ルシフェラーゼレポーター遺伝子の実験結果により、RORΑの高発現C-MYCプロモーター活性は明らかに低下した(P<0.05)。以上の結果により、RORΑの高発現はWNT/Β-CATENINシグナル伝達経路に関連する分子遺伝子の発現を調節することにより、ヒト胃癌細胞の増殖を抑制できることが明らかになった。Data from the ScienceChina, LCAS. Translated by JST【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
細胞生理一般  ,  遺伝子発現  ,  抗腫よう薬の基礎研究  ,  生物学的機能 

前のページに戻る