{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702240796993326   整理番号:17A0465677

p型Li1-xNbO2系化合物の合成と熱電特性

The Synthesis and Thermoelectric Properties of p-Type Li1-x NbO2-Based Compounds
著者 (9件):
資料名:
巻: 46  号:ページ: 1740-1746  発行年: 2017年03月
JST資料番号: D0277B  ISSN: 0361-5235  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱電(TE)材料は,大きな関心を集めており,温度差を電圧に直接変換することが知られ,その逆もある。本研究では,低酸素分圧下でLi濃度を制御して,非化学量論的Li1-xNb02(x=0-0.6)を合成し,熱電特性を測定した。本研究では,p型酸化物熱電材料(Li1-xNb02-ベースの化合物,x=0-0.6)の熱電特性を調べた。Li1-xNb02は六方晶系の結晶構造を有し,その性質は異方性であり,それらは異なる方位で変化するが,本研究では,すべての測定はランダムに配向した多結晶からの長さに沿って行われた。欠陥状態は,リチウム空孔濃度によって変化し,導電率およびゼーベック係数に単調でない変化をもたらした。導電性は金属伝導挙動を示し,ゼーベック係数は陽イオン不具合欠陥および二次相を介して高温での伝導機構の遷移とともに増加した。熱伝導率は格子の熱伝導率に支配され,リチウム空孔によって減少したが,リチウム空孔があれば熱伝導率は陽イオン不規則欠陥および二次相によって支配された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
酸化物の結晶成長  ,  金属の電子伝導一般 
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る