{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702242261196779   整理番号:17A0439456

NRF2は標的免疫治療に対する感受性を調整するHER2およびHER3シグナル経路を調節する

NRF2 Regulates HER2 and HER3 Signaling Pathway to Modulate Sensitivity to Targeted Immunotherapies
著者 (5件):
資料名:
巻: 2016  ページ: ROMBUNNO.4148791 (WEB ONLY)  発行年: 2016年
JST資料番号: U7012A  ISSN: 1942-0900  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
NF-E2関連因子2(NRF2)は抗酸化および解毒酵素をコードする複数の遺伝子のため必須の転写因子である。NRF2はその解毒機能と増殖促進経路とのクロストークによる癌治療抵抗性の促進に関連づけられている。しかし,NRF2と増殖因子が誘導する増殖経路の間の複雑な連結性の正確な機構ははっきりしないままである。ここで筆者らはtert-ブチルヒドロキノン(tBHQ)によるNRF2の薬理学的活性化が,HERファミリー受容体HER2およびHER3の発現を上方調節し,pAKTレベルを増し,卵巣癌細胞の増殖を増強することを立証した。NRF2の前活性化はHER2を標的とするモノクローナル抗体,ペルツズマブおよびトラスツズマブの組合せ増殖阻害効果も減弱した。更に,tBHQはHER2およびHER3の転写誘導を引き起こす一方,siRNAが仲介するNRF2のノックダウンはこれを防止し,更に転写抑制を引き起こし,HER2阻害剤の細胞毒性を増強した。従って,NRF2はHER2標的モノクローナル抗体に対する細胞応答に影響するようHER2およびHER3受容体の両方を調節する。この解明されたクロストーク機構は,薬剤抵抗性における,そして関連する抗癌標的として,NRF2の役割を補強する。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
抗腫よう薬の基礎研究  ,  腫ようの化学・生化学・病理学 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る