{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702242436284851   整理番号:17A0469780

短報:グルタミンはex vivoウシ子宮内膜におけるリポ多糖類に対する炎症反応を調節する【Powered by NICT】

Short communication: Glutamine modulates inflammatory responses to lipopolysaccharide in ex vivo bovine endometrium
著者 (4件):
資料名:
巻: 100  号:ページ: 2207-2212  発行年: 2017年
JST資料番号: C0282A  ISSN: 0022-0302  CODEN: JDSCAE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
細菌は分娩後のウシの子宮を子宮内膜ライニングに感染し,これらの微生物のクリアランスは細菌分子への先天性免疫応答に依存し,エンドトキシンリポ多糖類(LPS)のような。子宮内膜炎症はサイトカインIL-1βおよびIL-6およびケモカインIL-8の分泌により特徴づけられる。しかし,それらは負のエネルギーバランスでは,グルコースとグルタミンの存在量の低下,組織におけるエネルギーのための基質であるとすれば,動物はしばしば侵入細菌を除去し,子宮疾患を発症しない。グルコースの枯渇は子宮内膜における炎症性応答を鈍化させるが,グルタミンの役割は明らかではない。本研究では,グルタミンの枯渇は子宮内膜組織におけるLPSへの炎症応答を減弱するという仮説を検証した。子宮内膜のex vivo器官培養はLPSを投与し,培養上清は,IL-1β,IL-6,およびIL-8を蓄積した。しかし,グルコースを含む培地におけるグルタミンのアベイラビリティを減少させるIL-1β,IL-6,およびIL-8の蓄積を減少させ,>50%であった。驚いたことに,グルコースの非存在下では,グルタミンの増加量を供給するLPSに対する炎症反応を増加させるには十分でなかった,グルタミンの不在下で,より多くのグルコース増加炎症を供給した。さらに,解糖を阻害するIL-1β,IL-6,およびIL-8の蓄積を50%以上減少させる,グルタミンとグルコースが豊富であった。結論として,グルタミンの枯渇は子宮内膜におけるLPSへの炎症応答を減少させ,グルタミンの活性はグルコースおよび解糖に依存する。これらのデータは,負のエネルギーバランスが分娩後子宮疾患にどのように関連するかの機構的洞察を提供した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
牛 

前のページに戻る