{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702242477315197   整理番号:17A1190811

眼症状を呈した蝶形骨翼硬膜動静脈瘻のユニークな静脈ドレナージ【Powered by NICT】

Unique Venous Drainage of a Sphenoid Wing Dural Arteriovenous Fistula with Ocular Symptoms
著者 (6件):
資料名:
巻: 97  ページ: 753.e1-753.e5  発行年: 2017年
JST資料番号: A1144A  ISSN: 1878-8750  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
眼球突出,結膜浮腫などの眼症状を呈した硬膜動静脈瘻(DAVFs)は一般的に海綿静脈洞(CS)に位置している。上眼静脈(SOV)に排水経路と蝶形骨翼でDAVFsは眼症状の鑑別診断の一つとして考慮すべきである。41歳の女性が自然消失した拍動性耳鳴を左後の進行性左側結膜浮腫,眼球突出であった。脳血管造影ではろう孔はより大きな蝶形骨翼上の上眼か裂の下の端に沿って位置し,眼症状を引き起こすことをCSに流入するないSOVにのみ排水されたことを示した。経静脈的選択的カテーテルは,顔面静脈とSOVを介して行った。ろうは,着脱可能なコイルを用いて塞栓術を施行した。塞栓術後,眼症状は消失し,患者は神経学的障害もなく退院した。ここでは,ユニークな排水パターンの発生機序,臨床症状と蝶形骨翼DAVFsの解剖学的特徴を検討した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
循環系の疾患  ,  耳・鼻・咽頭・喉頭の腫よう 

前のページに戻る