{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702243765614255   整理番号:17A0402328

固体酸化物燃料電池と電解槽電池用の電極材料としてのLa_2NiO_4_+4δ【Powered by NICT】

La2NiO4 + δ as electrode material for solid oxide fuel cells and electrolyzer cells
著者 (4件):
資料名:
巻: 299  ページ: 18-25  発行年: 2017年
JST資料番号: B0096B  ISSN: 0167-2738  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,イオン-電子混合伝導性セラミックLa_2NiO_4_+δが電解質支持ボタン電池に基づいてSOFCカソードとして,SOECアノード材料としての適用性に関して調べた。結果は,アノードおよびカソード分極下でスクリーン印刷La_2NiO_4_+-δ電極を用いた対称電池での電気化学インピーダンス分光法と電流-電圧分析により得られ,材料のクロム耐性を特に強調した。純酸素/アルゴン雰囲気ならびに湿潤クロム含有雰囲気中で電極の長期挙動を開回路条件下と印加電流負荷の両方で800°Cで研究した。クロム源は湿潤条件に導入すると,電池性能の強い低下が生じる主にSOFCカソード層の失活に帰することができた。SEMとTEMによる細胞断面積の試験後解析的研究は,両電極の分解速度の間の顕著な不一致の主な要因であることをCrの程度の差異を示唆した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
燃料電池  ,  塩基,金属酸化物 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る