{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702243835624656   整理番号:17A0243626

振動ローラの加速度計測を利用した地盤剛性値の算出について

CALCULATION OF SOIL STIFFNESS VALUE USING THE ACCELERATION MEASUREMENT OF VIBRATORY ROLLER
著者 (3件):
資料名:
巻: 69  号:ページ: 79-85  発行年: 2017年02月25日
JST資料番号: G0118A  ISSN: 2187-851X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
振動ローラのフレームと振動輪に加速度計を取り付け,両者の加速度計測値を用い地盤反力-振動輪変位関係を導く方法を開発した。この方法を検証するために60cmのまき出し厚で,細粒分質礫質砂,粒度調整砕石,礫混じり土の三種の実験地盤を作製し,振動ローラで複数回転圧する実証実験を行った。実験地盤では,転圧1,4,8回目において,小型FWD試験器による地盤剛性(K30相当値)と,RI試験器による密度の計測を実施した。これらの計測値と振動ローラの加速度計測値から導いた地盤反力-振動輪変位関係から地盤剛性を算出し,小型FWD試験器の計測値と比較した結果,振動ローラの加速度計測から導いた地盤剛性値は小型FWDによる計測結果と同じ傾向を示し,振動ローラの特性をよく表すことがわかった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
土工計画,土工事 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る