{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702244937122530   整理番号:17A0372842

共界面活性剤との混合物中のQuillajaサポニンの相溶性に及ぼす熱の影響【Powered by NICT】

Influence of heat on miscibility of Quillaja saponins in mixtures with a co-surfactant
著者 (4件):
資料名:
巻: 88  号: PA  ページ: 16-23  発行年: 2016年
JST資料番号: D0633A  ISSN: 0963-9969  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
混合界面活性剤系の熱処理は界面活性剤との間の改質相互作用を介してその相挙動に大きな影響を持つことができる。本研究では,熱処理(25 75°C)にpH3-1,-5および-7で異なる濃度比(0 5% w/v)でQuillajaサポニン抽出物及びカゼインナトリウム,エンドウ蛋白質,菜種レシチンまたは卵レシチンから成る水性二成分界面活性剤系の相溶性挙動を調べた。結果はQuillajaサポニンの比はカゼインの比,増加した疎水性相互作用に起因する凝集混合物に等しいか高い場合pH7で熱処理したキラヤサポニンカゼインナトリウム混合物は相溶性のままであることを明らかにした。pH3で,キラヤサポニンカゼインナトリウム構造の凝集は,カゼイン分子の自己会合を介して主に加熱することにより強化された。Quillajaサポニンエンドウ蛋白質混合物においてだけでなく純粋なエンドウ蛋白質試料中で加熱すると,試験した全てのpH値でゲル構造の弱体化をもたらした。対照的に,加熱はキラヤサポニン菜種レシチン混合物,静電反発力に起因するpHに依存しない混合した影響を及ぼさなかった。さらに,凝集(pH5, 7)または凝集(pH3)キラヤサポニン卵レシチン混合物は加熱によりあまり影響を受けなかった。加熱,多くの食品応用において一般的な処理段階であることを受けた時のこれらの結果は,二成分界面活性剤系の相互作用を理解するための重要である。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品蛋白質  ,  食品の品質 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る