{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702245259487466   整理番号:17A0472021

化学方法論とその応用に結合したHPLCによるポリフェノール混合物中の活性化合物のスクリーニングと評価【Powered by NICT】

Screening and evaluation of active compounds in polyphenol mixtures by HPLC coupled with chemical methodology and its application
著者 (4件):
資料名:
巻: 227  ページ: 187-193  発行年: 2017年
JST資料番号: H0766A  ISSN: 0308-8146  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
化学的方法と組み合わせたオフライン高速液体クロマトグラフィー(HPLC)はラジカル捕捉能力の点で11種の標準的なポリフェノール化合物(SPC)とビタミンC(Vc)の抗酸化活性を評価するために開発した。各SPCの構造活性相関についても考察した。SPCは2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル捕捉(DPPH~),2,2’-アジノビスIIIエチルbenzthiazoline VIスルホン酸塩(ABTS~+)とヒドロキシル(~ OH)フリーラジカルの異なる能力を示した。SPCの中で,典型的なフラボノイド,クエルセチンおよびケンペロールは最大のラジカル捕捉活性を示し,Vcよりも~OHラジカル除去能の高い活性を示した。さらに,提案した方法はまた,Cichorium endiviaL.(C.endivia)種子抽出物からスクリーニングポリフェノール抗酸化成分に適用した。結果は,抽出物中のシナリンはクロロゲン酸よりもDPPH~及びABTS~+ラジカルをスカベンジする,より多くの活性化合物であったが,クロロゲン酸は捕捉~OHフリーラジカルの強い能力を持つことを示した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
植物の生化学  ,  食品の化学・栄養価 
物質索引 (4件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る