{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702245724669745   整理番号:17A1832809

Pichia pastorisの救済遺伝子を有する新型遺伝子破壊カセット【Powered by NICT】

A new type of gene-disruption cassette with a rescue gene for Pichia pastoris
著者 (2件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 1201-1208  発行年: 2017年
JST資料番号: A0966B  ISSN: 8756-7938  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Pichia pastorisは多くの組換蛋白質の生産に使用されてきた,多くの有用な変異株を作成した。しかし,遺伝子ターゲッティングによる変異体単離の効率は通常低く,手順は酵母遺伝学におけるinexperiencedのは困難である。これらの問題を克服するために,著者らは誘導性Cre/mutant loxPシステムを用いたレスキュー遺伝子を持つ新しい遺伝子破壊システムを開発した。短相同性領域を用いて,システムの遺伝子破壊カセットは代償性救助遺伝子変異を含むその標的遺伝子座を置き換えた。カセットはAOX1プロモーター駆動Cre遺伝子を含むので,標的株はメタノールを含む培地上に成長させた場合,カセットにおける変異loxP配列間の,すなわち,マーカー,救助とCre遺伝子,DNA断片を切除し,ゲノムにおける唯一の残りの変異loxP配列を残している,その結果標的遺伝子破壊変異体を分離することができた。システムは最初にADE2遺伝子破壊で検証した,そこでは破壊はコロニーの色変化によって容易に検出できる。システムは,ノッキングout URA3及びOCH1遺伝子に適用し,従来の遺伝子ターゲッティング法により達成することが困難であることが報告されている。救助遺伝子を持つすべての三遺伝子破壊カセットは,それらの標的遺伝子を置換し,Cre/mutant loxPシステムは,ノックアウト変異体を単離に成功でよく機能した。本研究は興味のある遺伝子をノックアウト効果的かつ戦略的に利用できる新規遺伝子破壊系を同定し,特にその欠失はP.pastorisにおける,非相同末端結合を欠損した,例えば,特殊な株を使用せずに,成長に有害であった。Copyright 2017 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
遺伝子操作  ,  酵素一般  ,  微生物,組織・細胞培養による物質生産一般 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る