{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702245899010965   整理番号:17A0450818

屋内環境における生物学的侵入:図書館資料におけるEurotium halophilicumの広がり【Powered by NICT】

Biological invasion in the indoor environment: the spread of Eurotium halophilicum on library materials
著者 (6件):
資料名:
巻: 118  ページ: 34-44  発行年: 2017年
JST資料番号: E0518A  ISSN: 0964-8305  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ミラノ大学のアーカイブから体積は微生物によって生じたと推定される白っぽい灰色変色を示した。顕微鏡と生存率アッセイは二体積から変色は生菌の顕著な存在により特徴的であり,これらは本質的に主に生物学的であることを実証したことを証明した。真菌配列はEurotium,Aspergillus,Candida,Penicillium,Alternaria,Phaeosphaeria,Capnodialesとプレオスポラ目の分類群に系統発生的に最も密接に関連している。SEM分析は,Eurotium halophilicum二感染体積に支配的であることを示した。二体積近傍の実行可能な浮遊菌類負荷は推奨された最大値よりも高く,空中菌類は,リスクの源であることを示した。二異なる季節で採取した大気中微生物群集は属Aspergillus,CandidaおよびEurotium属する菌類から成っていた。アーカイバル空気中,E.halophilicumの検出は,汚染源の可能性を示した。熱 湿度測定値の変動も異なる季節におけるアーカイブで観察された。貯蔵容積に及ぼす白皮疹の発生はおそらくダスティングプログラムと空調の両方の欠如,および貯蔵所における不十分な換気,および,体積の製造に使用される結合材料の吸湿挙動に依存した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (5件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
異種生物間相互作用  ,  微生物生理一般  ,  微生物検査法  ,  建築物の維持・管理  ,  微生物の生態 

前のページに戻る