{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702247389843350   整理番号:17A0553544

視覚情報の代用として一時的に提供される聴覚情報にのみ基づくロボットアームの取り扱いに関する予備研究〈弾性力のあるシステムアーキテクチャを想定した事例研究〉

A Preliminary Study on the Handling of a Robotic Arm Based only on Temporarily Provided Auditory Information as a Substitute for Visual Information 〈The Case Study that Assumed the Resilient System Architecture〉
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 406-418  発行年: 2017年04月20日
JST資料番号: L0735A  ISSN: 0915-3942  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,人間のオペレータによるインテリジェント協調制御システムに関する研究を報告する。人間のオペレータによるロボットアームの遠隔操作は簡易化した弾性力のあるシステムと見なされる。実験において,被験者は簡単な作業を行うためにロボットアームを操作する一方,モニタを通してそれを観測した。モニタの表示は突然消え,被験者は聴覚情報のみを使用することで作業を続けた。数理統計法を通して,作業性能と聴覚情報のタイプの間の関係を解析することで,位置に関する聴覚情報のみならず,ロボットアームの位置を概念化する聴覚情報もまた作業完遂のために効果的であることを見い出した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの運動・制御 
引用文献 (28件):
もっと見る

前のページに戻る