{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702250093642364   整理番号:17A0440292

(Ca,Sr)2(Al,Si)5(O,N)8:Eu蛍光体の光劣化改善と高演色白色LEDの実現

Improvement of Photodegradation of (Ca,Sr)2(Al,Si)5(O,N)8:Eu Phosphors by Composition Change and Realization of High CRI White-LEDs
著者 (3件):
資料名:
巻: 41  号: 7(IDY2017 18-23)  ページ: 11-14  発行年: 2017年02月17日
JST資料番号: S0209A  ISSN: 1342-6893  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
我々は珪酸窒化物蛍光体(Ca,Sr)2(Al,Si)5(O,N)8:Euが効率が良く,また,他の窒化物蛍光体のように高圧合成が必要でなく,且つ,安価な材料を使って合成可能な赤色蛍光体であることから,本蛍光体に以前より着目し検討を進めてきた。しかし,信頼性試験においてこの蛍光体が光劣化を起こすことが分かり,これを解決することが課題であった。本検討ではこの光劣化の改善を行なうため,アルカリ土類の組成を変化させたところ良い結果が得られ,また,この赤色蛍光体を黄色蛍光体と組み合わせて使用することによって高演色白色LEDを実現することが出来ることが分かった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
有機化合物・錯体の蛍光・りん光(分子)  ,  発光素子 

前のページに戻る