{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702251157389490   整理番号:17A0370655

PLGA/HA複合材料の分解に及ぼすHAのタイプの影響【Powered by NICT】

The effect of the type of HA on the degradation of PLGA/HA composites
著者 (5件):
資料名:
巻: 70  号: P1  ページ: 824-831  発行年: 2017年
JST資料番号: W0574A  ISSN: 0928-4931  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究の目的は,ポリ(D,L-ラクチド-co-グリコリド(50:50))共重合体(PLGA)/ヒドロキシアパタイト(HA)複合材料の分解生成物に及ぼすカルシウムリン酸塩充填剤と粒子を介した水収着の緩衝効果の潜在的競合効果の重要性を調べることである。さらに複合材料の機械的性質に及ぼすHAの型の影響を調べた。相純粋なHAは,水酸化カルシウムとオルトリン酸の水溶液との間の反応を経由して合成した。生成した粉末を作製した(未焼成)または空気中で焼成として使用または加湿アルゴン雰囲気中で焼成した。リン酸緩衝生理食塩水(PBS)中で実施したin vitro分解研究。得られた結果は,緩衝効果と複合材料による水収着の速度の両方を考慮すると,複合材料の分解速度をより良く理解であることを示した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
医用素材 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る