{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702251451181423   整理番号:17A0405440

カルシウムルーピングプロセスにおけるCaOベース収着剤と石炭灰の間の相互作用の研究【Powered by NICT】

Study on the interaction between CaO-based sorbents and coal ash in calcium looping process
著者 (5件):
資料名:
巻: 156  ページ: 339-347  発行年: 2017年
JST資料番号: A0298B  ISSN: 0378-3820  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カルシウム系収着剤のサイクル炭酸化と焼成を経由して実行され,カルシウムルーピング(CaL)は大気中にCO_2の排出を減少させる新規で有望な技術である。CaOの反応性はカルシウムルーピングで重要であるが,そのCO_2収着はか焼炉における石炭燃焼に由来する灰の存在によって影響されるであろう。ここでは,熱重量分析計を用いてCaOベース収着剤への石炭灰の影響と他の技術の組み合わせの研究を報告した。本研究の結果として,いくつかの重要な変数(吸着剤の種類,灰分含有量とその粒径,焼成条件)の役割,CO_2収着と脱着の繰り返しサイクル時にどのように相互作用するかの理解は大いに強化された。さらには,収着剤及び石炭灰の間の相互作用機構を説明した。灰堆積とその後の粒子凝集による細孔ブロー3nmの遮断はCO_2環境収容力におけるCaOベース収着剤の損失の主な理由であることを提案した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
排ガス処理法  ,  吸着剤 

前のページに戻る