{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702257142282386   整理番号:17A0321869

原発性食品生産における植物病原細菌の電位制御尺度としての非熱的気体プラズマの新しいローラコンベヤシステム【Powered by NICT】

A new roller conveyer system of non-thermal gas plasma as a potential control measure of plant pathogenic bacteria in primary food production
著者 (4件):
資料名:
巻: 72  号: PA  ページ: 62-72  発行年: 2017年
JST資料番号: W0246A  ISSN: 0956-7135  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
新しいローラコンベヤプラズマ装置,ローラの大気圧誘電体バリア放電(APDBD)によるガスプラズマを開発した。高電圧および接地電極はローラに組み込まれ,これはシリコンシートで覆われている。装置の殺菌活性はXanthomonas campestrispv.campestris(Xcc),アルミニウム板上にスポットし,APDBDにより生成されたガスプラズマ処理を受けたに対して測定した。処理後,Xccの生菌数は0.90分(初期個体群:5.0×10~8CFU/ml)と0.34以下分(初期個体群:9.8×10~5CFU/ml)の10進減少時間(D値)とともに減少した。APDBD処理はXccへのわずかな形態学的変化と共にリポ多糖類(LPS)の有意な分解と8-ヒドロキシ-2′-デオキシグアノシン(8 OHdG)を形成するためにゲノムDNAの分解/酸化を誘導した。反応性化学製品(過酸化水素,亜硝酸塩と硝酸塩),紫外光(UV A)とわずかな温度上昇は,デバイスの動作中に観察された。著者らの結果は,デバイスの動作中に発生する過酸化水素と亜硝酸塩はゲノムDNAの酸化と分解およびLPSの分解,不活性化に対する可能な機構を原因と示唆された。さらに,デバイスによるキャベツ葉上のXccの成功した不活性化は,この方法が実用的な応用を持つことを示唆する。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品衛生一般 

前のページに戻る