{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702258574302741   整理番号:17A0321352

感覚(TDS)パネル挙動の時間的支配:チョコレートを用いた予備的研究【Powered by NICT】

Temporal dominance of sensations (TDS) panel behavior: A preliminary study with chocolate
著者 (6件):
資料名:
巻: 54  ページ: 51-57  発行年: 2016年
JST資料番号: W0038A  ISSN: 0950-3293  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,三種類のプロファイルを持つ異なるパネルの挙動を評価することを目的とした消費者,それらの良好な感覚能力に基づいて選択したパネル,および選択し,「習熟」パネル(解析に含まれる属性に導入し,最終試験前三予備試験を実施),種々のココア含量のチョコレートのTDS解析のためのTDS曲線は,多変量分散分析(MANOVA),相互作用展開とPCA法により分析した。種々のパネルは,35%と53%のココアとチョコレート試料の異なる記述および63%のココア試料で類似した記述を提供した。さらに,高い占有率は消費者の結果で観察された。MANOVA,PCAにより,パネルIは三チョコレートを識別することができことを検証することができ,一方,選択したパネルと選択し,習熟パネルは他から35%ココアとチョコレートを識別した。さらに,消費者群は最初の感覚を選ぶために過ごす時間が少なく,35%ココアとチョコレートを記述するのにより属性を使用したことを見出した。これはTDS法および一時性概念にパネリストを導入するためにわずか二セッション,および本研究で用いたTDS感覚プロトコルを用いた訓練とそれに続く三予備TDS試験を伴った選択プロトコルは消費者評価に関するTDS応答を改善するのに十分でないことを示した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の品質  ,  菓子 

前のページに戻る