{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702258933224682   整理番号:17A0412108

固液流動法を用いた廃携帯電話PCB粒子からの有価金属の回収に関する研究【Powered by NICT】

Study on recovery of valuable metals from waste mobile phone PCB particles using liquid-solid fluidization technique
著者 (5件):
資料名:
巻: 311  ページ: 217-226  発行年: 2017年
JST資料番号: D0723A  ISSN: 1385-8947  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,液体-固体流動化技術を用いた廃棄物携帯電話プリント回路基板(PCB)粒子からの有価金属を分離した。廃棄された携帯電話PCBの機械的分離特性に基づいて,0.075 0.106,0.106 0.18,0.18 0.25と0.25 0 0.35mmの,それぞれ,粒度を有する四つの密接にふるい分け粒子は,化学的に流動化分離挙動を研究するために流動層に解析し,荷電した。単一成分の最小流動化速度及び最終的沈降速度は実験データの評価のための重要なツールとして役立った。結果は,プロセス構成における,流動分離は水速度を適切に制御を持つ粒子サイズの限られた範囲内で有効であることを示した。水速度が適切な範囲にある場合,高い金属収率と品位を得ることができた。廃棄された携帯電話PCB粒子の計算した最小流動化速度及び最終的沈降速度は実際の運転水速度と合理的に一致した。さらに,多孔板の空隙率と金属グレードと収量に及ぼす流動層の高さの影響も検討した。廃棄された携帯電話PCB粒子の選鉱における液体-固体流動化技術の適用は重要な発生方向の一つとして期待されている。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
装置内の流れ 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る