{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702260100109870   整理番号:17A0360194

潜在エラー検出:検出のためのゴールデン2時間【Powered by NICT】

Latent error detection: A golden two hours for detection
著者 (2件):
資料名:
巻: 59  号: PA  ページ: 104-113  発行年: 2017年
JST資料番号: E0803A  ISSN: 0003-6870  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
安全における誤差検出されていない臨界状況は将来の安全性破壊に寄与する可能性がある潜在条件を生成する。潜在誤差課業後の完了の検出は,仕事と関係した潜在的誤り検出(LED)事象を記録するため日記を用いた海軍航空技術者で観察された。マルチプロセス理論と組み合わせたLEDに関連した社会技術的因子を調査することであるシステム展望。異なった環境におけるキューの知覚は成功したLED,二時間誤差の過去タスクの意図的なレビューは生じ,それには誤差が発生した最も有効と思われる同じまたは同様の社会技術環境中に残存する一方を容易にした。同定された人間工学的介入は潜在的誤差の可能性緩和を提供する;特に簡単な日常習慣的タスクである。は,安全重視組織は全社会技術環境におけるシステム合図する,と言う事をLED技術を適用して,より一貫したヒューマンパフォーマンスに依存する更なる回復力を設計に目を向けるべきであると考えられている。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
人間機械系 
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る