{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702261951898309   整理番号:17A0406207

純Niの微細構造進化とアンバベース金属-金属間化合物積層(MIL)複合材料【Powered by NICT】

Microstructure evolution in pure Ni and Invar-based Metallic-Intermetallic Laminate (MIL) composites
著者 (5件):
資料名:
巻: 682  ページ: 454-465  発行年: 2017年
JST資料番号: D0589B  ISSN: 0921-5093  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Ni/AlおよびInvar/Alの金属-金属間化合物積層複合材料を作製し,調べた金属間化合物/金属界面を横切るミクロ組織の変化,成長速度と微小硬さ分布した。放物線成長速度を持つ単相金属間化合物層は純粋なNi/Al反応で示されているが,混合成長速度論的機構を持ち,複雑で多相層(共晶と均一な層)をEDSとEBSD解析によるInvar/Al反応で同定した。アンバベースMILにおける金属間化合物相の一次成長と集合組織は,金属/金属間化合物層を横切る微小硬さ分布に及ぼすそれらの影響に関して解析した。二つの異なるNiアルミナイド反応の金属間化合物収率を計算し,Ni基MIL複合材料の最終的な金属間化合物層厚さを予測するための信頼性があることを実証した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
変態組織,加工組織  ,  機械的性質 

前のページに戻る