{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702262422265082   整理番号:17A0788224

音声操作中の警報音聴取に対する注意配分改善手法の検討

A Study of Driver Attention Management Method for Listening Warning Sound in Using Voice Operation System
著者 (3件):
資料名:
巻: 53  号:ページ: 75-84  発行年: 2017年06月15日
JST資料番号: S0258A  ISSN: 0549-4974  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
運転支援機能の普及により警報音等の聴覚情報が安全運転のためにより重要となる。しかし,音声操作中は,音像表現を付加した警報音の聴覚刺激反応時間が長くなる可能性が考えられる。本研究の目的は,運転中に音声操作を行いながら音像表現を付加した警報音を聴取する場面において,警報音の聴覚刺激反応時間を推定するパラメータを明確にすること,および,視覚刺激でドライバーの聴覚刺激反応時間の推定結果を提示する効果を検証することである。そのため,ドライビングシミュレータ(DS)を用いて2種類の実験を実施した。結果,警報音の聴覚刺激反応時間はステアリング操舵角の基本周波数標準偏差で推定可能なことが示された。また,聴覚刺激反応時間に基づく視覚刺激の色変化と,運転への不安感を感じるタイミングが合うと,聴覚刺激反応時間は運転に集中した場合の結果に近づくことが示された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
運転者  ,  人間機械系 
引用文献 (12件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る