{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702262612369977   整理番号:17A0050083

企業統治と経営者報酬・従業員給料の公正な分配

著者 (1件):
資料名:
巻: 59  号:ページ: 27-44  発行年: 2016年10月25日
JST資料番号: G0389A  ISSN: 0544-571X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文の目的は,会計の利害調整の機能・役割に関連する経営者の報酬と従業員の給料の格差の問題,労働対価の分配の正義を公共哲学の観点から考察することである。企業の統治形態,取締役会の位置づけについて,古典的・伝統的モデル(所有主指向モデル),修正モデル(企業体指向モデル),社会企業モデル(多様な構成員指向モデル)の3つのモデルを検討し,コーポレートガバナンス・コードは,修正モデルを前提としているが,社会企業モデルに依拠しないと経営者の高額報酬の問題は解決しないことを示す。次に,公共哲学の諸理論を援用すると,経営者の高額報酬・大きな格差を肯定する論理とそれを否定する論理がそれぞれ複数存在するが,筆者の私見では,ロールズの格差原理およびジョンストンの新しいバランスのとれた相互性の理論に依拠し,大きな格差の存在には否定的である。最後に,会計の利害調整機能・役割と労働対価の分配の正義との関連性について言及し結論とする。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
原価管理一般  ,  利益管理 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る