{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702263824107482   整理番号:17A0362095

スプレー冷却により生成したアスコルビン酸微粒子の性質と安定性に及ぼす給鉱調製の影響【Powered by NICT】

Effect of feed preparation on the properties and stability of ascorbic acid microparticles produced by spray chilling
著者 (5件):
資料名:
巻: 75  ページ: 251-260  発行年: 2017年
JST資料番号: E0549A  ISSN: 0023-6438  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究の目的は,飼料形態,分散または乳濁液の効果を評価するために,担体としてエステル交換脂肪を用いたアスコルビン酸(AA)を負荷した固体脂質微粒子(SLM)の生産にすることであった。得られた粒子は,SEMを用いて粒度分布と形態,DSCを用いた熱挙動とカプセル化効率に従って特性化した。遊離およびカプセル化したAAの安定性を60日間にわたり評価した。球状微粒子は直径34と92μmの間で得られた。カプセル化効率は59~73%の使用範囲飼料の種類によって異なった。60日間の貯蔵後にAAの安定性は70%を超え,37°Cでの貯蔵にも噴霧冷却によるマイクロカプセル化は,AAの安定性を維持するのに有効であった。分散から生成した微粒子は三貯蔵温度条件におけるAAの保護を促進した。生成した粒子は,AAの制御放出とその酸性味のマスキング,常に好ましくないを可能にした。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品製造・加工・保蔵法一般  ,  食品添加剤 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る