{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702264258476799   整理番号:17A1099644

Hox2遺伝子はマウス聴覚脳幹における周波数特定マップ精度と音識別に必要である【Powered by NICT】

Hox2 Genes Are Required for Tonotopic Map Precision and Sound Discrimination in the Mouse Auditory Brainstem
著者 (16件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 185-197  発行年: 2017年
JST資料番号: W3124A  ISSN: 2211-1247  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トノトピーは聴覚経路の特徴であると音識別のための基礎を提供する。シナプス前入力の周波数精度を調整する脳幹蝸牛ニューロンにおける転写因子の関与についてほとんど知られていない。前腹側蝸牛神経核のAtoh1派生グルタミン酸作動性bushy細胞におけるHoxa2とHoxb2機能の非存在下で,広い入力トポグラフィーと音波透過を保持したことを見出した。しかし,純音刺激による蝸牛ニューロン活性化の等周波数バンドの微細スケールシナプス微細化と先鋭化はox2変異体で損なわれ,行動試験における欠陥音周波数識別が得られた。これらの結果は,接続性の周波数微細化と哺乳類の聴覚回路内の音波伝搬の精度を確実にするHox因子の役割を確立した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
聴覚  ,  聴覚・音声モデル 

前のページに戻る