{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702265489174927   整理番号:17A0404820

振動ノズル技術による安定な食品グレードのマイクロカプセル化したアスタキサンチンの生産【Powered by NICT】

Production of stable food-grade microencapsulated astaxanthin by vibrating nozzle technology
著者 (10件):
資料名:
巻: 221  ページ: 289-295  発行年: 2017年
JST資料番号: H0766A  ISSN: 0308-8146  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アスタキサンチンはその強力な抗酸化および健康増進特性で知られているカロチノイドであるが,高度に分解し,いくつかの応用のために不適切である。抽出のための持続可能な方法で安定なアスタキサンチンマイクロカプセルの製造を開発した。ほぼ2%アスタキサンチン大豆油中の乾燥したHaematococcus pluvialis細胞の高圧均質化により抽出した。アスタキサンチン富化油はCa~2+仲介振動ノズル押出技術によりアルギン酸塩と低メトキシペクチンに封入した。3%ペクチンマイクロビーズは,乾燥時に球形度と油保持の間の最良の妥協をもたらした。光,温度および酸素曝露の四種類の異なる条件の下でのこれらのアスタキサンチンビーズの安定性をモニターした。52週間後,マイクロビーズは94.1±4.1%(°C/光/+O_2),83.1±3.2%(RT/光/-O_2),38.3±2.2%(RT/光/+O2),および57.0±0.4%(RT/+光/+O_2)の全アスタキサンチン保持を示し,異なった分解速度であった。,冷凍はアスタキサンチン安定性を保持するために最適な貯蔵条件をもたらした。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
カロチノイド,その他のテルペノイド  ,  食品の化学・栄養価 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る