{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702266514224886   整理番号:17A0411504

シェル・アンド・チューブ熱貯蔵装置の性能に及ぼす傾斜角の影響 実験的研究【Powered by NICT】

Effect of inclination angle on the performance of a shell and tube heat storage unit - An experimental study
著者 (5件):
資料名:
巻: 112  ページ: 1497-1509  発行年: 2017年
JST資料番号: E0667B  ISSN: 1359-4311  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,傾斜角変動を受けるシェルアンドチューブ熱交換器の性能に関する実験的研究を含んでいる。パラフィンRT35は相変化物質(PCM)として用いた。研究は,修正Stefan数が0.47,0.53と0.59の行い,傾斜角は0°から90°に範囲。Reynolds数は約770であるとGrashof数は流れは層流であることを示した4.6×10~4 5.8×10~4の範囲であった。結果は,入口温度が上昇すると溶融プロセスを加速し,完全融解時間は低減することを示した。結果は,プロセスの最初の半分における融解過程の速度は,他の傾斜に関して水平系の方がであることを示した。角の変化が熱伝達率とこの過程における伝導の支配に起因する凝固中の温度に影響を及ぼさないことを明らかにした。結果はまた,融解中の,水平システムの熱伝達の速度は垂直のそれ以上であることを明らかに,しかし逆である凝固であった。も入口に近い水平熱交換器の平均温度が出口に近い部分より大きいことを結論した。しかし,30°,60°と90°の場合を考察した場合,出口に近い断面のPCM平均温度が多かった。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
対流・放射熱伝達  ,  管内流  ,  熱交換器,冷却器 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る