{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702267186153502   整理番号:17A0372254

8節点空間回路網モデルに基づく都市炭素代謝の生態学的関係の解析【Powered by NICT】

Analysis of the ecological relationships of urban carbon metabolism based on the eight nodes spatial network model
著者 (4件):
資料名:
巻: 140  号: P3  ページ: 1644-1651  発行年: 2017年
JST資料番号: W0750A  ISSN: 0959-6526  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
都市域における炭素代謝の物体間の関係と相互作用の解析は,低炭素都市の設計のためのいくつかの新しいアイデアを提供することができる。本論文では,生態学的ネットワーク分析を用いた北京における炭素代謝の空間的に明白なモデルを開発し,経時変化を検討した。我々の目標は,八ノードネットワークモデルを用いた重要な要素と関係を同定し,ノードと考えられ土地が得られた。1990年,1995年,2000年,2005年,および2010から北京のためのデータは,経験的係数と結合してシステム及び各成分の面から,定量的にネットワークの構造と機能を解析し,システムの構成要素間の重要な生態学的関係を決定することを可能にする,ネットワークを構築した。解析は搾取と支配関係は,経済の成長を促進することを主要な種類であったことを明らかにした。輸送および産業,栽培のための土地は,これら二種類の関係の一次体であった。しかし,相利共生関係は,システムの安定性を維持し,低代謝密度で自然ノードと技術ノードからの寄与を示した。同時に,不可避の競合関係が天然成分と耕作地の資源利用の効率を増加させた。炭素代謝の定量的シミュレーションを用いて,著者らは都市域の健全な発展に影響する負の相関を同定し,炭素管理活動の有効空間調整のための理論的基礎を提供する。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
環境問題 

前のページに戻る