{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702267898060569   整理番号:17A0403286

生産力と冷凍新しい熱併給発電システムのExergeoconomic解析と最適化【Powered by NICT】

Exergeoconomic analysis and optimization of a novel cogeneration system producing power and refrigeration
著者 (2件):
資料名:
巻: 134  ページ: 208-220  発行年: 2017年
JST資料番号: A0552A  ISSN: 0196-8904  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
地熱熱水で駆動される新しい冷熱および電力組合せ熱併給発電システムを提案した。有機Rankineサイクルと吸収冷凍サイクルの組合せであるシステムは,熱力学と経済性の観点から解析し,最適化した。有機Rankineサイクルの作動流体であるアンモニアと冷凍サイクルでのアンモニア-水溶液である。パラメトリック研究を行っ最適化前に決定パラメータを同定した。三設計事例,すなわちシステム性能を最適化することで最大第一法則効率(症例1),最大第二法則効率(症例2)と最小全製品単位コスト(case3)の設計を考察した。結果はcase3中の全製品単位コストは症例1と2の対応する値よりも約20.4%および24.3%低いことを示した。case3における低製品単価は第一及び第二法則効率で10.21%と4.5%減少,症例1と2と比較しての犠牲を伴った。結果も成分の資本コストとエクセルギー破壊コストに関連したコストについて,改質のための成分の優先順位はタービン,凝縮器と吸収体であることを示した。この順序で最後の成分は系における二ポンプである。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
内燃機関発電  ,  火力発電 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る