{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702268009982520   整理番号:17A0321121

高投与量リグニンスルホン酸塩の効果とマイクロコンクリートの性質に及ぼすナフタレンスルホン酸に基づく可塑剤の使用【Powered by NICT】

Effect of high dosage lignosulphonate and naphthalene sulphonate based plasticizer usage on micro concrete properties
著者 (2件):
資料名:
巻: 120  ページ: 189-197  発行年: 2016年
JST資料番号: T0560A  ISSN: 0950-0618  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コンクリート生産において,可塑剤セメントの重量(0.3%から1.5%の範囲の)による少量に使用されているが,人員・機器感度誤差から計算したよりもコンクリートに混和剤を添加した可能性のあるリスクである。この状況では,コンクリートの強度と耐久性性能は減少。本研究では,高用量リグノスルホン酸塩ベースの減水剤及びモルタル特性に及ぼすスルホン酸ナフタレン系高性能減水剤使用の影響を調べた。各混合物のための5種の異なる用量で作製した試験片の単位重量,流動性,凝結時間,空気量,圧縮強度,曲げ強度,超音波パルス速度試験とmicrostrucural検査を行った。実験の結果,過量投与との混合物を用いた場合では,コンクリートの物理的及び機械的性質の品質の損失が,この理由のために,化学混和剤を用いた高感度いくつかの法的規制されなければならないと結論した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
モルタル,コンクリート 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る