{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702268059548343   整理番号:17A0364271

南アメリカのChacoにおける表面アルベド上昇:森林伐採と農業変化の複合効果【Powered by NICT】

Surface albedo raise in the South American Chaco: Combined effects of deforestation and agricultural changes
著者 (6件):
資料名:
巻: 232  ページ: 118-127  発行年: 2017年
JST資料番号: C0901A  ISSN: 0168-1923  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
森林伐採は温室効果ガスの放出を介してだけでなく,表面の物理的特性の変化による気候と地球のエネルギー収支に影響を与える。これら物理的効果は森林伐採イベントに依存するだけでなく,それに従うことを土地利用選択と管理に強く依存する。ここでは,南アメリカの乾燥亜熱帯チャコ森林のアルベドと放射収支は森林伐採と土地利用/管理の両方に反応して過去10年間にどのように変化するかを検討した。全領域に対して,MODIS画像から導出した平均年間アルベドの変化と12年間(2000 2012)の支配的な土地利用軌跡との関係を分析した。二焦点領域では,特定の土地利用と管理シフトは表面アルベドと緑植生被覆の季節性に影響を及ぼし,それらに関連した放射収支変化と放射強制力効果を定量化するかを同定した。森林伐採チャコが,土地利用および土地管理変化にみとめられた地域的アルベド増加の83%を占めていたもアルベドシフトの主要な推進力,領域で発生したアルベド上昇の残りを説明した。アルベドのつり上げは土地利用選択と農業経営に強く依存した生物物理学的冷却効果を産生する単一年間作付方式下での林間放牧システムにおける 8Wm~ 2~ 17Wm~ 2大気上端での平均年間出力短波エネルギーフラックスを増加させた。これらの値は12 27MgC ha~( 1)の大気CO_2の減少,またはこの領域の森林伐採に伴う典型的な排出の15 55%に相当した。チャコ地域における土地利用と管理の選択はそれらの正味気候影響の評価と可能な緩和作用の議論で無視すべきでないことを得られたアルベド季節性の強い発散を生成した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
植物生理学一般  ,  森林植物学  ,  植物生態学  ,  森林生物学一般 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る