{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702268090718270   整理番号:17A0406609

キラルアニオン認識のためのリン光化学センサとしての尿素基を有するイリジウム錯体【Powered by NICT】

Iridium complex bearing urea groups as a phosphorescent chemosensor for chiral anion recognition
著者 (7件):
資料名:
巻: 241  ページ: 224-229  発行年: 2017年
JST資料番号: T0967A  ISSN: 0925-4005  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
キラル分子のためのルミネセンス化学センサは大きな注目を集めている。本研究では,二個の尿素基及びエチルナフタレン基を有する新しいイリジウム錯体1はキラルアニオン認識のためのリン光化学センサとして合成した。t-Bocアミノ酸の添加は560nmに最大発光を持つりん光増強を誘導した。5.0の大きなK_D/K_L値はphenylgylcineを有するイリジウム錯体1で観察された。二個の尿素基はカルボン酸のための組織化された結合部位を提供し,一方,二エチルナフタレンはカイラル障壁として作用した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
分析機器  ,  生化学的分析法 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る