{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702269867153855   整理番号:17A0365711

コーディエライトムライトアルミナセラミックの熱機械的および高温誘電特性【Powered by NICT】

Thermo-mechanical and high-temperature dielectric properties of cordierite-mullite-alumina ceramics
著者 (3件):
資料名:
巻: 42  号: 15  ページ: 16897-16905  発行年: 2016年
JST資料番号: H0705A  ISSN: 0272-8842  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コーディエライト(55 56wt%),ムライト(22 33wt%)とアルミナ(23 11wt%)から作製した不均一セラミックは少量の方解石,クリストバライト及びガラス相を含むコランダム,タルク,α-石英,カリ長石,カオリナイトおよびムライトを含む非標準原料を焼結することにより調製した。PVA支援乾式プレスにより作製したグリーン試料を異なる保持時間(2 8h)950 1500°Cの温度範囲で焼結した。結晶相集合および熱機械的性質に及ぼす焼結条件の効果を調べた。焼結したセラミックは熱膨張(CTE)(3.2 4.2× 10~ 6 °C~ 1),高い曲げ強度(120MPaと高Young率(100GPa)の低い係数を示した。1250°Cで焼結した試料は最良の熱衝撃抵抗(ΔT350°C)を示した。熱膨張係数と熱衝撃抵抗はSchaperyモデルを用いて調べ,モデル化の結果は,バルクにおける相間の無視できない機械的相互作用の存在を示唆した。から高温(RTHT,600°Cまで)に室温特性化誘電特性を明らかにした(i)誘電率(5 10)と誘電損失因子(0.02 0.04)に及ぼす焼結スケジュールの顕著な効果(ii)電極材料の破壊まで安定な誘電特性。望ましい誘電特性と結合した熱機械的性質は,高密度集積回路や高温低誘電率材料工学に適した材料にしている。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
セラミック・磁器の性質  ,  セラミック・陶磁器の製造 
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る