{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702270401163463   整理番号:17A0360312

強靭で導電性ハイブリッドグラフェンPVA:工学神経回路構成のためのアルギン酸繊維足場【Powered by NICT】

Tough and conductive hybrid graphene-PVA: Alginate fibrous scaffolds for engineering neural construct
著者 (3件):
資料名:
巻: 111  ページ: 752-763  発行年: 2017年
JST資料番号: H0270B  ISSN: 0008-6223  CODEN: CRBNA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究の目的は,神経組織工学のための例外的な靭性と電気伝導率を持つハイブリッドGrナノシートアルギン酸ナトリウム(SA)/ポリビニルアルコール(PVA)(Gr AP)繊維足場を開発することであった。さらに,電気的,機械的,物理的および生物学的特性に対するGr濃度(0,0.5M,1 2M,および5wt%)の影響としての足場の分解までを評価した。結果は,AP足場と比較して,1wt%Grを含むハイブリッドGr AP足場の靭性は(4倍)GrナノシートとAPマトリックス間の強い界面相互作用に起因することを相当に改善することを示した。さらに,AP足場で1wt%Grは,純粋なAP足場の改善された電気伝導率をもたらす電気ナノブリッジとして作用した。基板特性に及ぼす細胞応答依存性を推定するために,PC12細胞はGr AP足場上で培養した。結果はGr含有量足場の可能性を明らかにしたPC12細胞の接着と伸展を支持した。さらに,MTTアッセイは,培養の7日後,1wt%Grナノシートのハイブリッド足場を有意にAP足場(1.4倍)と比較して細胞増殖を促進することを確認した。全体として,著者らの知見は,Gr AP足場は強化されたPC12細胞相互作用を持つ優れた電気的および機械的性質を示すことを明らかにした。を提供ハイブリッドGr AP足場は,末梢神経再生のためのデバイスを開発する大きな可能性を持つかもしれないことが想像される。しかし,電気刺激に加えてさらに生物学的研究は,神経再生に及ぼすハイブリッドGr AP足場の役割を評価する必要がある。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
炭素とその化合物  ,  細胞・組織培養法 

前のページに戻る