{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702271466903504   整理番号:17A0133177

S-CIELAB色空間を用いた多視点3DCG画像と5K画像の符号化画質評価に対する分類アルゴリズムの適用

Application of Classification Algorithm for the Image Quality Assessment of Multi-view 3D CG Images and 5K Images Including S-CIELAB Color Space
著者 (2件):
資料名:
巻: 116  号: 369(IMQ2016 16-19)  ページ: 13-18  発行年: 2016年12月09日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2020年の東京オリンピックに向けて,4K画質の一般放送が開始されることが予想されており,高精細画像の品質評価は重要になってきている。一方,画面解像度の向上により,3D映像の品質も向上することになり,裸眼3D,多視点3D映像の評価に関する研究が進められている。我々は今までに,多視点3D画像の符号化画質評価に関する研究を行ってきた。一方で,高精細ディスプレイにおいても研究が行われているが,画面解像度,視点数,色情報を含めて相互関係が明らかではない。本稿では,8視点パララックスバリア方式において,H.265/HEVCで符号化させた3DCG画像の主観評価,5Kディスプレイにおける3DCG画像の主観評価を行い,その結果を分析し,サポートベクターマシンを用いることにより分類した。一方,S-CIELAB色空間を用いて輝度L*,CIEDE2000を用いて色差ΔE00を測定することにより,主観評価と客観評価の関連について考察した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 

前のページに戻る