{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702272631712129   整理番号:17A1182779

逐次抽出を用いたセンサス群馬県大沼湖における土壌,堆積物及び水生生物中の放射性セシウムの分画【Powered by NICT】

Fractionation of radiocesium in soil, sediments, and aquatic organisms in Lake Onuma of Mt. Akagi, Gunma Prefecture using sequential extraction
著者 (18件):
資料名:
巻: 575  ページ: 1247-1254  発行年: 2017年
JST資料番号: C0501B  ISSN: 0048-9697  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
福島第一原子力発電所(FDNPP)事故は放射性同位体セシウム(無線Cs,~134Csと~137Cs)群馬県における環境の汚染をもたらした。無線Cs>500bqkg~( 1)の濃度は2011年8月における山(Mt.)赤城頂部の大沼湖におけるwakasagi(Hypomesus nipponensis)で見られた。この汚染の機構を説明するために,モニタリング研究は魚,水生植物,プランクトン,湖沼水,湖沼堆積物と周辺土壌の試料における無線Cs濃度を測定することにより大沼湖周辺で行われてきた。無線Csの浸出性はTessierらの逐次抽出を用いて評価した。湖大沼生態系における無線Csの全濃度は,時間とともに徐々に減少した。褐色森林土では,2000 6000bqkg~( 1)の無線Cs濃度が検出された。試料中の容易な溶出型(交換可能及び炭酸塩形態)の存在比は<10%であった。植物プランクトン試料中の濃度はwakasagi試料におけるそれらよりも3 6倍高かった。容易な溶出型の比は食物連鎖におけるランク増加した;植物プランクトンで37%,動物プランクトン78%,と97%wakasagi。植物プランクトンにおける容易な溶出型の低い比率である湖における懸濁物質の無線Csの吸着に関連すると思われる,植物プランクトン,動物プランクトン,wakasagi試料中のアルミニウムとチタンの分析により示唆された。wakasagiにおける無線Csの高濃度は,閉じた山岳湖の特性にも関係している。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
湖沼汚濁  ,  水銀とその化合物 

前のページに戻る