{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702272736449734   整理番号:17A0630649

運転支援システム用の周辺視野における視覚手がかり

Visual Cue in the Peripheral Vision Field for a Driving Support System
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 543-558  発行年: 2017年05月20日
JST資料番号: F1398A  ISSN: 1343-0130  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では運転環境における危険因子認識用の運転者の感度の制御用の新しい警告手法の可能性を扱った。本手法は中心視覚の外側の周辺視覚中の視覚警告手がかりに基づいている。人間の視野において,中心及び周辺視野は異なった処理メカニズムを持つ。本研究において,周辺視野における視覚手がかりの表現を,中心視覚において実施される作業に対する直観的干渉なしにソフト視覚警告として提供する事を意図した。27インチモニタディスプレイを用いて実施した多くの実験結果は中心から約26°の視野角での視覚手がかりの点滅が被験者に対する見落としあるいは迷惑なしに周辺視覚における良好な視覚刺激を提供する事を示した。被験者は60°で始まる周辺視野において視覚刺激を知覚する傾向にあった。外側視野から中心視覚への視覚手がかり移動はその速度に関わらず約60°で知覚された。周辺視野における視覚警告設置用の予備設計ガイドラインを提案した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の情報処理  ,  自動車事故,交通安全 
引用文献 (23件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る