{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702273892991389   整理番号:17A0497581

陽子解析による位置的濃縮(PEPA) メタボロミクスにおける13C安定同位体トレーサーに対する一次元1H-NMR手法

Positional Enrichment by Proton Analysis (PEPA): A One-Dimensional 1H-NMR Approach for 13C Stable Isotope Tracer Studies in Metabolomics
著者 (8件):
資料名:
巻: 56  号: 13  ページ: 3531-3535  発行年: 2017年
JST資料番号: H0127B  ISSN: 1433-7851  CODEN: ACIEAY  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
PEPAと呼ばれるNMRに基づく安定同位体トレーサーに対する新規のメタボロミクス手法を示し,ヒト癌細胞を用いてその性能を検証した。PEPAは同位体的に濃縮された代謝産物における炭素標識の位置を検出し,1D-1H-NMRスペクトルを用いて13Cサテライトピークの間接定量により分画濃縮を定量する。13C-NMR,TOCSYおよびHSQCと比べて,PEPAは標識化代謝産物における13C位置の解明および安定同位体濃縮のパーセントの定量を促進した。まとめると,PEPAは,メタボロミクスにおける安定同位体追跡への1H-NMRメタボリックプロファイリングのハイスループットの拡張,2D-NMR実験に由来する情報の促進および相補と細胞エキスにおいて検出された同位体的に濃縮された代謝産物の範囲の拡張を与える。Copyright 2017 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

著者キーワード (4件):
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
代謝一般  ,  生物科学・農学・薬学への利用  ,  NMR一般 

前のページに戻る