{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702274410135339   整理番号:17A0407714

平面アルミナセラミック膜の生成に及ぼす粉末熱活性化過程の影響【Powered by NICT】

Influence of powders thermal activation process on the production of planar β-alumina ceramic membranes
著者 (7件):
資料名:
巻: 696  ページ: 1080-1089  発行年: 2017年
JST資料番号: D0083A  ISSN: 0925-8388  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
それらの高いエネルギーおよび電力密度のためのZEBRA電池(零Emission Battery Research Activities)は,固定アプリケーションの電気貯蔵への可能な解決策の一つである。これらのシステムは高温(約270°~ 350°C)で動作するニッケル塩化細胞に基づいており,固体電解質としてセラミックβ」-アルミナ管または平面膜に依存している。膜電解質を生成するのに必要なセラミックプロセスは増強に重要な役割を持ち,固定相と移動応用のための特定の要求に電池性能を適合させた。組成あるいは加工における最小変動は貯蔵デバイスの最終特性に強く影響する。本研究の目的は,適切な形態-構造特性を持つセラミックβ」-アルミナ膜を得る,粉末合成平面電解質成形および焼結にするために必要なステップを詳細に調べることであった。特に,反応焼結プロセスとセラミック材料の化学構造特性に及ぼす熱処理の影響を深く調べた。高温焼成は,適切な質量密度,高β」-アルミナ含有量および最適イオン伝導率を持つ膜を得るための重要な段階であることが分かった。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
圧粉,焼結  ,  セラミック・陶磁器の製造 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る